赤ちゃんの性別は、どのように決まるの?

トップページ
お気に入りに追加
  

赤ちゃんの性別は、どのように決まるの?

赤ちゃんの性別は、男性の精子のタイプによって決まります。

男性の精子の23組目の染色体がXX染色体であれば女の子が生まれ、XY染色体であるならば男の子が生まれます。

 

女の子が生まれるXX染色体のX精子は酸性に強く、男の子が生まれるXY染色体のY精子はアルカリ性に強いという性質を持っています。

Y精子の方がX精子よりも数が2倍多いとされていますので、一見、男の子が生まれやすいと思いがちですが、女性の膣内の状態も影響してきますので、こればかりはそうとも言い切れません。

 

それは、通常、女性の膣内は酸性となっているからです。そして、オルガズムに達することで膣内がアルカリ性に傾くとされています。

そのため、女性の膣内の状態によってX精子Y精子の運動能力が変わってきます。

 

そういった性質を利用し男女を産み分ける方法なども数多く紹介されています。

 

ですが実際には、希望通りに産み分けることは難しくなっています。

しかし、どうしても産み分けたい、女の子が欲しいと思う方には産み分けゼリーを使う方法があります。産み分けゼリーとは、女性の膣内の酸性度を人工的に操作することができるものです。

 

100%とはいかないものの、科学的根拠があるため、希望通りの産み分けが成功する可能性が高いです。

女の子を希望する場合には、膣内を酸性にするピンクゼリーを、男の子を希望する場合にはアルカリ性にするグリーンゼリーを使用します。

 

この産み分けゼリーは性交時、膣内に入れて使用します。

産み分けゼリーの原料は、ビネガーやベーキングパウダーといった食物ですので、副作用もなく、安心して使うことができます。

 

ただ、製造過程での衛生面の問題もありますので、安全性の高い日本製を使うのがオススメです。